読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

括目せよ!30代独身男のリアル!!女子よ、現実を知れ!!!

「ワイシャツの下に肌着を着るか否か」論争に終止符を。シームレスインナーで超格好良く、しかも快適スーツ生活!ユニクロのAirlsmを活用しよう!天然繊維(綿100%)信仰も時と場合によってはかっこ悪い!化学繊維も活用次第だという話。

時代の流れ、技術の進歩によって「ワイシャツの下に肌着を着るか否か」という問題に終止符が打たれたと感じました。 関連→デキる男のステテコ運用!夏のスーツでステテコはかないとか、意味わかんないレベル!むしろ穿かないのカッコワルイ!!!というか、…

ミニマリスト、賃貸住まい向けの最強の靴棚、山崎実業 伸縮シューズラック フレーム3段のレビュー。極限までシンプルなスタッキングシェルフゆえ、使い道いろいろ。

やっぱりこれが実用最強のシューラックだと思うのです。最強すぎて買い足しましたもの。これ。 前回→梅雨!湿気!もういや!靴のカビ対策、最強の対策はやはり「開放型」!? - 爪の灯 あとちょっとしたら、靴にとっての最悪季節、「梅雨」となりますが、以…

元スーツ販売員が語る!リクルートスーツの選び方!と、リクルートスーツにまつわる身も蓋も無い話。

ルールとは、お互いが共通の認識を持っていて機能するものだと思う。 よくよく考えたら、「スーツ販売員→前職全く関係ない一般企業の会社員」というこの時期オイシイ職歴があるのにこの手のエントリを書かないのは手抜きだね!というわけで、業界人にはかけ…

出張中の衣類管理についてのアレコレ。

ビジネスホテルでのひとこま。 ビジネスホテルにおいてあるハンガー、ジャケットに合わないので、冒頭の写真のように2つ折にして椅子にかけるようにしています。 こういうハンガー、特に肩まわりの型崩れが怖いので。多少のしわと型崩れを天秤にかけるならば…

出張にもっていくものメモ!

お久しぶりです。ちょっと出張とかしてたのですが、2泊3日くらいまでで必要なものを一つのかばんでまとめるのが面白かったので、内容をまとめてみようと思います。尚、使用するかばんは下記のものです。 →最強の機能性カバン、PORTER 3way(ポーター)バック…

梅雨時期の最終手段、全だし!

はい、もう無理でした。 この気候、この居室の特性、クローゼット内の湿気対策をあきらめました。窓を開けねば息苦しく、生活するに不利益。また、窓を開ければそこは雨。湿気でクローゼットの中身が死ぬ。 油断をする。まずは皮革製品から。かばん、ベルト…

梅雨!湿気!もういや!靴のカビ対策、最強の対策はやはり「開放型」!?

もうねー、この季節いや。雨自体は嫌いじゃないんですけどねぇ、風情あるし。じゃあ何がイヤって、「カビ」ですよ、奥さん。 んで、今日は靴について。クローゼットに関してはこちら→梅雨入り前に!クローゼットの除湿、消臭。「炭八 調湿木炭」レビュー!オ…

一目でわかる、「幅広ハンガー」の重要性。

写真が全てなワケですが、いちおう、つらつらと書きましょう。 冒頭の写真、同じスーツの色違いです。両方、クリーニング戻りで、状態もほぼ同じ。どちらが良質に見えますか? スーツ、何にお金をかけているかというと、「立体感」です。人間の体の起伏に合…

デキる男のステテコ運用!夏のスーツでステテコはかないとか、意味わかんないレベル!むしろ穿かないのカッコワルイ!!!というか、一度はいたら1年中はいちゃうよ?

名前で損している「ステテコ」の有用性。コスト的にも、ファッション的にも、名前で倦厭して導入しないのは愚かしいという話。

形態安定/形状記憶のシャツの能力を最大限に引き出す!肝は「脱水」にあり!

夏ゆえに暑く、外にでないので、内向きの記事が多いです。 さて、シャツ。形態安定のシャツはサラリーマンの強い味方であります。今回は高コスパのセットセールシャツ(某洋服の青山産)の「干し方」についてまとめたいと思います。 参考→某洋服の青山で購入…

クリーニング考。~ドレイクスのマフラーを洗濯。自分のモノは自分で洗う!~

この時期洗濯に熱が入る。2月頃までは防寒で着用し、3~4月頃は「まだちょっと寒い日もあるしなぁ」で動けない。ゆえに、5~6月、我が家の洗濯機はフル稼働となる。 この間、スーツをクリーニングに出してきましてね。ちょっとフトコロが傷んだワケなんです…

ラミー、サファリ(LAMY safari)万年筆を購入。その購入経緯と同機。

万年筆、「LAMY safari」を買いました。で、購入に至るまでの考え方をまとめていきたいと思います。 ※万年筆の選び方のエントリを作りました。 →思考停止で万年筆!~初心者必読の構え!~→万年筆はこう買えば失敗しない。 - 爪の灯 【購入動機】 むしゃくし…

某洋服の青山で購入した、3枚1万円のシャツをワンランク上げる方法!と、このレベルのシャツのコスパ論。

ちょっとひと手間かけるだけで、ワンランク上の見た目のシャツが手に入るという話。

元スーツ販売員が語る!補正(お直し)アレコレ!裾上げ料金を取る店は良い店である。暴露?ねぇ、暴露なの??

「お直し代無料?」それは購入者全員でお直し代を負担しているって事ですよ。