読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

括目せよ!30代独身男のリアル!!女子よ、現実を知れ!!!

梅雨ゆえに、プラスチックハンガー礼讃。~木製ハンガー、使いこなせてますか?~

ファッション 節約

f:id:tumenoakari:20140619150133j:plain

 

 スーツやコートのクローゼット保管において、プラスチック製のハンガーこそ最強であると思いましたので、何か書いていきたいと思います。

 

 【プラ製ハンガーを使う意義】

 吸湿を目的とする事、本格派(見た目)である事の2点だと思います。が、この「吸湿」を目的とし、木製ハンガーを選択するのは非効率に思った次第です。

 

 まず、こういったハンガーにこだわるレベルでの運用であれば、湿気たスーツをそのままクローゼットに入れる事はしないでしょう。では、木製ハンガーに「吸湿」させるのは陰干し中になると思われますが、ハンガーに吸湿された湿気も管理するのでしょうか?ハンガーが「吸湿された」状態でクローゼット入りすると、そこからの湿度上昇~カビが怖いです。木はカビを育む土台になりえます。加えていうなら、「ニス」加工がしてあるハンガーだとそもそも吸湿効果が期待できない事、「塗り」加工がされたハンガーでは、色移りのリスク(極小でしょうが)がある事も見逃せません。

 

 であるならば、最初から、「吸湿しない」プラ製ハンガーに服をかけて、服の湿度にのみ気を配り、陰干しの後、クローゼットに入れるほうが効率的かと。

 

 また、木製ハンガーは「重い」ので、クローゼットのバーがたわむ可能性があります。プラ製は軽いので、そのへん安心ですね。これは、ハンガーにかけた状態でブラッシングをする際にもメリットになります。

 

 【木製ハンガーを使う意義】

 「吸湿・吸湿」と言ってきましたが、吸湿自体には然程魅力が無いかなぁと思うと同時に、これが「調湿」を期待するのであれば話は別です。

 

 特に、レザージャケット等で効果を発揮することが期待できます。

 

 あとは見た目ですが、この部分をプラ製ハンガーでカバーするのはチト厳しい部分に思いますので、ここを重視するのであれば、木製ハンガー一択になるでしょう。

 

 【調湿について】

 正直、ハンガーで調湿考えるくらいなら、別の方法で調湿考えたほうが効率いいと思います。

 

 拙作→梅雨入り前に!クローゼットの除湿、消臭。「炭八 調湿木炭」レビュー!オーガニック!エコ!ロハス!ん?ロハスってなんだっけ? - 爪の灯

 

 私は炭袋を使っていますが、ハンガーよりも面積が大きく、調湿の専用商品の為、効果も高い。また、外に出して干したり等の取り回しも楽なので、あえてハンガーで調湿を考える意義が見いだせない。

 

 

-----------------------------------------------------------------------

 

 

 というわけで、これからハンガーを揃えようと考えている人には、全力でプラ製ハンガーをお勧めする次第。高級な木製を1~2本もつよりも、安価でメリットの多いプラ製を10本持ってたほうが管理しやすい。

 

 ハンガーは材質じゃなくて、幅&服との相性。素材なんて二の次さ!もっと効率よくお金を使おうゼ!という話。