読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

括目せよ!30代独身男のリアル!!女子よ、現実を知れ!!!

デキる男のステテコ運用!夏のスーツでステテコはかないとか、意味わかんないレベル!むしろ穿かないのカッコワルイ!!!というか、一度はいたら1年中はいちゃうよ?

元スーツ販売員のヒトリゴト スーツ関連アレコレ ファッション 節約 物持ち良いマン

f:id:tumenoakari:20140701150657j:plain

 

 ぜんぜんかっこ悪くねーから!!!!!むしろかっこいーから!!!夏のお供に、ステテコ。夏も冬も一年中ステテコをはく、その理由!今年で4年目くらいになったのでまとめてみる。

 

  【他のスーツ関連】

  →スーツ関連アレコレ カテゴリーの記事一覧 - 爪の灯

  →元スーツ販売員のヒトリゴト カテゴリーの記事一覧 - 爪の灯

  →元スーツ販売員が考える、洋服の青山を活用した、新社会人が揃えておくべきスーツセット!何故、コレだけのお金がかかるのか?徹底解説!! - 爪の灯

 

 「本格スーツっ子」からしてみたら邪道も邪道でしょうよ。シルエットが悪くなるとかね。シャツの下に着る肌着も許せないですものね。でもね、ステテコ、日本の気候を考えると必要不可欠と思うんですよ。

 

 だってねぇ、暑いじゃん?汗かくじゃないですか??これ、どうしようもない事なんですよ。生理現象だもの。制汗対策取ったとしても、無にはならない。また、発汗が無になったとしたら、それはそれで死の危険があるのでよろしくない。ならば、汗をかかない環境に身を置くか、汗をかいたあとの事後対策を考えるしかない。

 

 気候的にさらっとした夏の地域であれば別に大した対策なんぞいらんでしょうよ。また、「スーツは基本的にハイクラスのお召し物」だった事を忘れてはならない。ステレオタイプなハイクラスの御仁なイメージで、完全車移動&建物内であれば、対策不要と思いますが、そんな人物なぞ全体の中の何%だという話なので、大多数の方には現実的な対策が必要になってくるわけで。それがステテコなワケなんですよ。

 

 まず機能。かいた汗を吸わせて、生地(この場合はズボン)を守る。かれこれステテコ導入して結構たちますが、ズボンの痛みの和らいだこと。これは夏だけではなく、冬も地味に有効であり、気密性の高い建物内での暖房攻撃による発汗対策、満員電車なんかでの発汗対策、あとはまぁ、メッシュの椅子でなければ座っていれば蒸れるでしょうからその対策にと、年中結構な効果があります。非常に快適。

 

 見た目に関しても実は優秀な働きをする。確かに、布1枚分を挟むが故のシルエットへの影響はあるけども(※既製服に合わせる場合はまず気にならないレベル)、それを補い、尚有り余るメリットがある。

 

 ズボンが汗ばむ足にまとわりつかなくなる。  

 

 これ超メリット。通常、パンツの内側にはポリエステルないし、キュプラ素材の裏地がついており、外側へのまとわりつき(見た目部分)を軽減してくれますが、通常、オーダー品か、気を使って作っている既製品でもない限り、ひざ上までしかカバーされていない。加えて、この手の裏地が汗を吸ってくれたとしても、まとわりつくのは超不快。毎度毎度洗濯するモンでもないので、限界突破すると、裏地を通過してくる汗を原因とした、しおふきとかが発生する。不快な上に、吸わせた汗が洗い流せないから不衛生でもあり、結局表面にしおふきしてしまう。裏地だけに頼ると継続性ないのだ。

 

 たかが、ステテコ1枚かますだけで、しれっとしていられる。暑いモンは暑いが、強烈な不快感から解放されるので、そういう意味では快適となり、それが表情や態度に出る。これがカッコイイ。「こんな暑いのに、なんか平気そうにしている!ステキ!!」みたいな感じ。なので、どうせ買うならひざ下までカバーできるものが良い。この長さだと必然的に膝裏までカバーできる為、膝裏のしわ発生を激減(相当変わる)できる。膝裏のしわはかなり目立つので、見た目的なアドバンテージもかなり大きい。発汗し、生地が水分を含んだ状態で、体温がある人間が座る。これはスチームアイロンと同じ原理であり、これでできたしわが強固なのは当然なのである。

 

  当然、洗い替えを用意するのが前提になる為、毎日洗濯できる。広義にとらえれば、毎日、ズボンを洗濯しているようなモンであり、非常に清潔に毎日を過ごすことができるのである。正直、着用しない意味がわからないレベル。最初、2枚買って試してみようという事で始めましたが、2週間もたずに1週間分のステテコ買い増ししましたもの。コレ無いと出社したくないレベル。無いと不快。出張にも替えを持っていくレベル。

 

 経済性もかなりのもので、クリーニングの頻度が減らせるのは勿論なのですが、何より、「汗による生地痛み」+「クリーニングによる生地痛み」の両面に効果があるため、パンツの寿命が超のびます。今の環境だと、ジャケスラ(ジャケット&スラックス)での勤務よりもスーツ勤務の方のが多いでしょうから、スーツの単価で考えれば、ステテコ代なぞすぐに回収できることでしょう。

 

 最近、様々なメーカーよりお洒落な柄のモノが出てきており、選ぶ楽しさもある。また、夏場の部屋着としても着用可能みたいな謳い文句も見受けられるので、そういう局面での運用も可能でしょう。ときたま議論される、この下に更に下着は着用すべきか?という事に関しては、「そうだよ」と思っている。販売元が部屋着での運用も想定しているってことはそうなんでしょう。

 

 適当に5枚くらい揃えても1万くらい。それで、日々の生活が劇的に変化する上に、たぶん回収できちゃう費用なので、この夏からステテコ生活を始めてみるのは如何でしょうか。恐らく、1年中はく事になるでしょうから、損はしないと思いますよ~。 

 

 肌着も着用するべき→「ワイシャツの下に肌着を着るか否か」論争に終止符を。シームレスインナーで超格好良く、しかも快適スーツ生活!ユニクロのAirlsmを活用しよう!天然繊維(綿100%)信仰も時と場合によってはかっこ悪い!化学繊維も活用次第だという話。 - 爪の灯

 

 ※追記※

  冬場にステテコを買い足すのは大変だった!

 

 【更新履歴】

  2015/3/14更新 一部表現修正、色づけし、読みやすく。