読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

括目せよ!30代独身男のリアル!!女子よ、現実を知れ!!!

元スーツ販売員が語る、某洋服の青山の凄さ。ここを使いこなせてこその『ファッション通』だと思う話。知っておきたい青山のヒミツ。(2017.02.23リライト)

元スーツ販売員のヒトリゴト お金isマネー ファッション

f:id:tumenoakari:20140515141748j:plain

 

  まずはじめに、この話は経験と実績、予測と希望が入り乱れた話であり、あくまで『お話』としてお楽しみください。

 

 前回→元スーツ販売員が語る!リクルートスーツの選び方!と、リクルートスーツにまつわる身も蓋も無い話。 - 爪の灯

 

 2016年→元スーツ販売員が考える、洋服の青山を活用した、新社会人が揃えておくべきスーツセット!何故、コレだけのお金がかかるのか?徹底解説!! - 爪の灯

 

 さて、某紳士服量販店である。洋服屋さんは数あれど、紳士服を購入するにあたり、ここほどお買い得な お店は無いと思う。

 

 まず初めに知っておいて頂きたい事として、都会にある洋服の青山と、地方や郊外にある洋服の青山は別物だという事である。都会の、客数や売り上げに恵まれた店舗にしか無い商品というものがあり、これがまた、セレクトショップ顔負けのアイテムなのである。某セレクトショップと全く同じ生地を使用したスーツが半分の値段で売っているなんてのは良くある話。型紙が自分の体に合えばこれほど良い出会いは無い。

 

 2017年2月時点、まさかのアマゾンで購入できるため、自分のサイズをしっかり把握しておくということは大切。

 

 

 中でも特に、サンプル品と製品の中間みたいな商品が入ってくることがあり、これが滅法、良コスパの商品なのである。おそらく、生地屋に残った少量の良い生地を買い付けて、ある分だけで生産した商品であろう。自店にしか入庫が無く、中心サイズしか無い、けれども品質が非常に良いが安いという商品の入荷に何度かあたったことがある。売る側の立場からしたら、売りやすいけども、販売後、瑕疵が見つかった場合、替えがきかないから怖い商品でもあった。

 

 こういった掘り出し物的な買い物が楽しめるのは主に大都市の特権であると思う。何故なら、地方や郊外店では捌けないから。特にサイズをそろえる事ができないレベルで品薄(生地の確保が出来なかった為等)の商品を優先的に地方や郊外店に流す意味が無い為、客数の多い大都市で消化するのであろう。まぁ、地方店や郊外店ではお洒落系の商材よりも普通系の商材のほうが動きが良いので、そういう意味ではお洒落系の意外な掘り出し物に当たる事はある。

 

  もう一つ知っておきたいことが、系列店の情報である。洋服の青山は、看板違いの店舗形態として「THE SUIT COMPANY(ザスーツカンパニー)」や「UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ)」等の店舗を運営している。これが何を意味するかを考えてみると面白い。

 

 正面から見れば、若くファッション的な感度が高い人たちに向けたブランド展開をしているという事であるが、洋服の青山、スーツカンパニー、ユニバーサルランゲージと客層がかぶる部分もある。そして、型紙を複数持つ事は単純にコスト増要因である。生地も然り。合理的に考えて、共有できる部分は共有して合理化したいと考えるのが普通じゃないですか?良くあるブランドタグだけ違う戦法が有効に働く局面だと思いませんか???想像ですけども。

 

 青山はセールも良くやっており、有名なのが2着目千円セールという「まぁ、2着買ってくださいよ」というやつですが、これはこれでスーツ着るサラリーマン相手だと基本、メリットしか無いセールなので、他看板形態の店舗で買うよりも総額が安くなることがほとんどである。そして何より、「青山カード(クレジットカード」が頭おかしいくらいに優秀なのだが・・・・・・

 

 青山カードはこれはこれで1記事かけるくらいの題材なので、また明日。

 

 続き→まさかの20%超還元!洋服の青山「青山カード」の凄まじさ。内容の改定があったようで、元販売員もびっくり! - 爪の灯

  ファッション感覚で「万年筆」→思考停止で万年筆!~初心者必読の構え!~→万年筆はこう買えば失敗しない。 - 爪の灯

 

 

↓きちんとしたハンガーとかも売ればいいのに。

・・・・・・まさかね?(邪推) 

  

 トピック「就活生」について。