読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爪の灯

括目せよ!30代独身男のリアル!!女子よ、現実を知れ!!!

【筆箱の中の戦争】役割分担の大切さの話。

f:id:tumenoakari:20160330201530j:plain

 

 キンギョを買った。その様子→プラチナ万年筆、キンギョ(金魚)を購入!名古屋大須の「ペンランドカフェ」で、夏に向けて念願のキンギョをお迎えした話。 - 爪の灯

 

 で、ペン先がなじむまでごりごり使っていこうと言う事で汎用性の高い黒インクを吸わせて使っているわけですが、太字、太字が思い通りに書けなさ過ぎて逆に面白く、狙い通りこれしか使っていない状況なのですが、本気でコレしか使っていないため、他のペンのドライアップが気になる始末。特にアウロラ・オプティマの出番減少がハンパじゃなく、競合ってこういうことを言うんだなぁと実感してます。

 

 まー、実用上、ブルーブラックと黒じゃ役割かぶるものなー。そりゃ出番も減るよなーとか思いつつも、インクを抜いて他の色を入れる気にもならず。というか、現在インクの数とペンの数が同数で超バランスが取れている状態なので、これを崩したくないワケなのですが、とは言え、稼働率が低いペンをそのままにしておくのももったいないし、ドライアップという現実的な問題もあるためどうにか稼働率をあげていきたいところである。

 

 が、現代の日常業務において筆記量などたかが知れており、その限られた筆記量を4本のペンが取り合っている状況。うん、ペンの数が多すぎる。でもなー、インク抜くのもなー。。。。。。いつでも書ける調整された状態こそ万年筆の有るべき姿だと思うからなー。インク抜いてしまったらただのキレイな棒だしなー。

 

 とりあえず、この太字が十分になじんできたら考えよう。他のペンも一緒に持ち歩いているので、乾燥しない程度にチョイチョイ使って凌ごう!うん、新しいの買ったばかりだからそれに傾注するのは人として当然なのだ!何も悪い事は無いのだ!!!

 

tumenoakari.hatenablog.com

 

 ↓次に欲しい緑のあくま。

ペリカン 万年筆 F 細字 緑縞 スーベレーン M800 正規輸入品

ペリカン 万年筆 F 細字 緑縞 スーベレーン M800 正規輸入品